2008年11月29日

通帳

 銀行ATMで記帳しようとしたところ
「正しく通帳を入れ直してください」と機械に突き返された。
入れ方がおかしいのか?と思い確認して入れ直すが駄目。
何度やっても同じ・・・諦めた。
恐らく通帳裏の磁気テープがおかしくなったか弱まったのだろう・・これは通帳交換だな・・・と思い、後日銀行に行き窓口に差し出した。
てっきり交換されるのかと思ったが、渡した通帳が戻ってきた。そしてこう言われた
「通帳の磁気が弱っておりまして・・・」
(うんうんそれはわかってます・・・)
「・・・磁気を強くしておきました」
(・・・?)
つ、つよく?通帳交換でもなく、磁気テープ張り替えたでもなく?強くしておいた?
通帳やカードなど磁気を使用しているものは鉄や磁気を帯びたものの近くに長時間置いておくとおかしくなる(弱くなる)とは聞いた事があるが、
弱くもなるけど強くもできるのか・・・知らんかった。
ちゅうか、通帳の磁気ってそんな単純なもの(弱くなったら強くする)なのか?
そうか、足し算引き算の様のものなのか!(絶対違うと思う)
 対応してくれた人はなんか機械に入れたような気がするのだが、もっとよく見るなり、どうやったのか聞いてみるなりすればよかった。
なんか機械に通して読み込むとか磁気とか電波とかって未知の領域だからものすごく難しそうに思えるけど、結構案外単純な仕掛けだったりしたりして・・・
まあ所詮自分の脳内での想像の域での考えだけど
posted by 昼間部 at 10:55| Comment(2) | TrackBack(0) | etc.

2008年11月24日

ナイスミドル

 昨日新宿FACEにて行われた興行「NICE MIDDLE!」にOGUNIより選手が出場するので手伝いに行って来た。
 このナイスミドル、40歳以下(35歳以上?)と40歳以上の選手が肘・顔面膝無しのキックボクシングルールでファイトするイベントで、日頃別の職業をもちながら格闘技を頑張り、その成果を試す社会の大先輩や、元々グローブ空手の常連選手やプロで活躍していたが現役を退いた選手等も出場する大会である。
 OGUNIからは昼の練習に参加し、ジム生の練習の面倒もよく見てくれている三橋さんが出場。
081123.2.jpg
ここでは「オーガニックテンカオ」選手として出場。
無理やり日本語訳すると「有機的カウンター膝蹴り」だが(笑)
 
 三橋さん、約30年前はプロとしてリングに上がった事もあったのだが、現在は減農薬農産物卸売会社の代表をし、多忙な中の出場・・・なんと御年50歳。
以前は約20年前と書いた記憶あるが、まさか50歳とは知りませんでしたので(ビックリ)。

 三橋さんと親交のある次週11/30に同じく新宿FACEで行われる
MUAY-THAI-OPEN6」興行を控えたセンチャイムエタイジム会長のセンチャイさんもセコンドに駆けつけてくれた。

 そしてもう一名、古くからのOGUNIを知る人は知っていると思うが、「力玉」選手としてプロで活躍していた吉田君も出場。
081123.1.jpg
ここでは何故か「慶江富士OH!」選手として出場
・・・リングネームの意味・・・自分にはよくわからん(笑)
 この慶江富士OH!選手、コメントに
「もう一度輝きたくてあの頃の自分を取り戻すためリングに帰ってきました」
そしてなぜか入場はターバンを巻きサーベルを持ちタイガージェットシンの出で立ちで覆面の仲間を従え暴れながら入場
(・・・輝いとったでぇ(笑))
仕込みの花束贈呈してくれた人(多分身内(笑))に貰ったばかりの花束で殴りつけるというお約束もして試合開始。
(観客ちょっと引いとったでぇ(笑))
 試合は2分2R、前半は久しぶりの試合でなかなかペースがつかめず、足を止めて打ち合った時、先に相手選手のワンツーがヒットし、打ち合いが始まった時にレフェリーが割って入りダウンを宣告されてしまう。
自分にはガードの上からでほんの一瞬バランスを崩し、これから打ち合いはじめ・・・に思ったのだが、ルール説明で選手の安全を考え早めのダウンやストップを取ると言われていたのでしようがないのかもしれない(予想よりかなり速かったが)。
その後、現役時代の切れのあるフックとローを(ほんの少しだが)垣間見せてくれるところもあったが、ダウン宣告分のポイントで判定負けになってしまった。
結果としては残念だが、現役時代の殺気も交じった真剣さとは違い、真剣な中にもリラックスして殴り蹴り合いを楽しむ余裕をもって戦えたのが楽しかった様で、本人も楽しかったと言っていた。
081123.3.jpg 「斎藤会長スミマセンでした」(笑)
現在は浦和にあるKFGジムにて練習している。
KFGジムの仲間も駆け付けてくれていた。
(吉田君 試合後はいい笑顔しとったでぇ)

 そして三橋さん、いや「オーガニックテンカオ選手」の試合。
1Rからプレッシャーをかけてくる相手選手にイメージ通りの展開が出来ず少々戸惑うがローやミドル、パンチも当てイーブンといったところ、しかしオーガニック選手の蹴りが何回かローブローになってしまう。
そして2R、パンチの撃ち合い時にオーガニック選手の左フックがモロにヒットしダウンを奪う。その後もパンチでダウンを奪い規定の2ノックダウンシステムによりKO勝利を収めた。
 試合後のインタビューで次週行われるMUAY-THAI-OPEN6の宣伝もしっかりしてくれた。
081123.4.jpg
しかしオーガニック選手
自分のファイトに満足できず笑顔はあまり無かったが・・・
三橋さん本人は試合後、
「持っているもの30%も出せなかった・・・」
と反省しきりであったが、いやいや、それでもKOしてしまうところはさすがである。
仕事で会社代表を務め多忙な中、50歳でもなおリングに上がる「オーガニック(有機)」あ、いや「勇気」とファイティングスピリット、そして自分の様な若造(若くねーけど)でつまらぬ人間(ここでここまで落とすことも無いか(笑))に
「ありがとうございました。これからもお願いします」
と頭を下げてくれる謙虚さに感服いたしました。
これからもますます元気に頑張って欲しいし喜んでサポートいたします。

〜全体感想〜
 自分がデビューした興行(約20年前)に一緒に出場していた選手や、OGUNI選手とグローブ空手時代に対戦したことのある選手、OGUNI仲間(Y岡君(笑))と縁のある選手が出場と、それ以外にもなんと今回出場選手最高齢の57歳と56歳のファイトや、よほど普段鍛練を重ねていないと作り上げることのできない体の選手達が年齢を重ねてもなお頑張っている姿を目の当たりにした。
 そして試合後、結果は関係なく笑顔でたたえ合う姿を見て、
この人たちはキック(格闘技)と生涯楽しく付き合いこれからも頑張っていくんだな・・・と灌漑深く思い、学ぶべき所もたくさんあった。

 キックは全力で殴り蹴り合う格闘技、年齢は関係なく危険な競技には間違いないのだが、年齢も考慮しストップも早めで試合後選手には必ずドクターが診に来てくれ安全面もしっかりしていると思った。
入場や勝利者へのインタビューもプロ興行顔負けで盛り上げてくれる。ぶっちゃけ観客はほとんどが出場選手関係者かもしれないが、歳を重ねても年齢や体力を理由に格闘技を辞めることなく、普段から鍛練を続け頑張っている人達が目標にできる場として、こういった大会があるのもいいものだなぁ
・・・などと思った。


・・・うまくまとめたつもりだが(そうか?)
・・・自分も頑張ろうっと(何を?)
posted by 昼間部 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ジム・キック

2008年11月19日

二蝋燭〜完結編〜

 続きがまだでしたね
(すんません)わざと引っ張ったつもりは無いのだが、ここで動画をアップしようとしたがうまくいかず断念した(笑)ので一気に掲載。

 前回は初の鍋2体制で脂が十分に採取可能であったので悪ふざけで脂を集めだして・・・
081024.8.jpg

081024.7.jpg
この脂群から
081024.6.jpg
081024.1.jpg
紙コップにウェットティッシュを輪ゴムどめし「脂を抽出」というところまで

十数分置きかき混ぜる・・この工程を何回か繰り返す
081024.2.jpg
スープと脂がきれいに分離(白さが増してきた)。
もう一つは紙コップに入れていたが、同じじゃつまらないので何か良い容器はないか(会社中を)探しまわる。
イメージに合うものが無く、紙コップでもしようがないか・・と思っていたところ自分の引き出しにムース(整髪料)のキャップを発見。
これだ!と思い早速詰める
(このキャップはもう使えなくなる事を考えずに)
081024.3.jpg
こうなった。
ベトベトしているので、もっと固めるにはどうすれば・・・
まあここ(会社)でできることと言えば冷やすしかない、
という事で冷蔵庫へ
081024.4.jpg
といっても二郎臭が凄く他の冷蔵物に迷惑をかけられないのでラップでしっかりラッピング。
翌朝が楽しみ・・・
なんかプリンやゼリーなどを作り冷蔵庫に入れ出来上がるのを待つような楽しみを抱きつつ就寝・・・
あ、いや、ここは会社だった・・・仕事に戻る。

〜翌朝〜
まあ冷やして脂は多少固まっていたが、想像ほど固まっていなかった(冷凍すればよかったかな)。
会社あがり冷蔵庫から二蝋燭を取りだし会社をでる。
帰りに皆でSUBWAY(サンドウィッチ屋)に寄って行こうという事になる。
手に持った二蝋燭は鞄に入れる訳にいかず、持ったまま店内に入るのもおかしいので店の入り口に置いておいた(あとから考えるとこの方がおかしいが)。
しかし精魂込めて作った作品、外に置いた二蝋燭が誰かに取られ(捨てられ)やしないか心配でサンドウィッチを味わうどころではなかった(笑)。
 で、会社近くの公園で実演しようという事になり公園に行く。
この公園、何故か朝っぱらから人が多数いる。
まあそれは良いとして二蝋燭に点火。
蝋燭の芯の紐は燃えるのは当然だが、すぐに消える様じゃ失敗だが・・・まずは同僚の紙コップじ二蝋燭に点火。
081024.5.jpg
おおお、燃えている!
皆(といっても3人)で朝っぱらの公園で歓声をあげる。
いやちょっと待て、でもすぐ消えたら意味がない・・
しかしその心配をよそに快調に燃え続ける。
そして自分の二蝋燭にも点火。
081024.9.jpg動画を撮ったのだがお見せできず残念
成功だ!
近くで見ると芯が脂を吸い上げ芯が焦げること無く絶え間なく燃え続けている。大成功である。
そして他に気がついた事が、
紙コップ二蝋燭はスープに浮いた脂を集めただけだが、自分は脂とスープを分離させ精製した(そんな大袈裟なものじゃないけど)。
この工程の違いによりなんと煙の臭いが全く違ったのである。
紙コップ(脂精製無し)の方は二郎そのままの匂いがし、
前日腹いっぱい食べまだ胃がムカムカしていた気持ち悪さが蘇る程の二郎臭であった。
一方自分の方(脂精製)の方は、外を歩いていて焼き肉屋の前を通りかかった時に店の換気扇から出てくる匂い、まさに焼き肉の匂いがした。
「空腹時ならこれでごはん一杯イケます」
と同僚を言わしめるほどの「良きかほり」であった。

 その後10分位燃やしていたが全く消える気配なく、少々の風でも炎が揺らぐだけで消えることは無かった。
炎の熱で周りの脂が溶けだしたが、アロマキャンドルの様に溶けて液体となった飴色の脂に浮かび出た芯が燃え続け、焼き肉&二郎の臭いを周辺に撒き散らしていた。
ずっと燃える炎を見続けていたかったがキリがないので消火、消化され煙が立ちのぼり、より焼き肉臭と二郎臭を漂わせるその場を後にしたのであった。
posted by 昼間部 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎

2008年11月15日

今後のOGUNI選手出場予定など

最近サボってます すみません

11.9のNJKF興業では、幸二郎がチームTOMONORI入りし早くも結果を出してくれた。通常の練習以外にもいろいろと練習を取り入れ、早くも手ごたえをつかんだ模様。
更なる飛躍を約束してくれた。
これからOGUNIバンタムを盛り上げてほしい。
米田選手は本格的にフェザー級での活動開始。
実力者相手に攻撃的なスタイルで見事KO勝利。
このクラスは各団体にも多数の実力者がおり、米田選手と○○選手が戦ったら・・・とますます楽しみな展開になってきた。

で、
今年のOGUNI選手試合予定

11.23 ナイスミドル(新宿FACE)にOGUNIに練習に来てくれている三橋さんが出場。
な、なんと50歳にして試合出場(凄い)。
元々プロ経験者だったがそれは20年ほど前との事・・。
会社経営で多忙の中、若手の練習相手もして面倒を見てくれる元気な方である。

11.30 センチャイムエタイジム興行 MuayThaiOpen6(新宿FACE)
凌太・鈴木翔也 出場
両選手とも今年の7.13にデビューした期待の二人。
二人とも過去の2戦を内容・結果とも良い試合をしているので楽しみである。

12.14 ブリザードジム興行 (大森ゴールドジム)
チャンジュ・リョウシノザキ・中山宏美出場
チャンジュ君は韓国から来日し頑張っている。
一見おとなしそうにみえるがプロテストのスパー、練習試合となかなかハートのあるファイトを見せてくれたそうだ。
リョウシノザキ選手はデビュー戦は善戦したが惜しくも敗戦。
是非勝利してもらいたい。
メインに中山選手登場。ここ最近アクシデントに見舞われ不運続きだが、ビシッと勝ち流れをガラリと変えてほしいところ。
posted by 昼間部 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ジム・キック

2008年11月07日

ネコ去りケモノ来る

 水曜はリング下にネコ居たが今日は確認できず、恐らく出て行った模様。
その代わりといってはなんだが昼のジムに・・・
幸二郎が来た。
一部の選手間でケモノ君と呼ばれており、ネコ(ケモノ)つづきで、という訳ではないが、11/9興行に出場で最終調整に来た模様。
 なかなかのセンスの持ち主で密かに注目していた彼だが、最近はTOMONORI選手からも影響を受け、ジム練習以外にもTOMONORI式練習を取り入れ頑張っている模様。元からのセンスにやる気とフィジカルのアップが加わり非常に楽しみな選手の一人である。
今回対戦相手である美保選手は強敵だが、この試合を良い結果でクリアすればNJKFバンタム級トップに食い込む可能性大。
ガウンやトランクスも注目(笑)
・・・ちなみに何でケモノ君と呼ばれるのかは良くわからないけど知っているけど言えない
posted by 昼間部 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジム・キック

2008年11月01日

再び

 昼のジムでのこと。
いきなりリング下から何かが出てきて、人が近くにいたのでまたリング下に素早く戻った影が・・・まさか
リング下を覗くと・・居た(笑)
081031.1.jpg

確かちょっと前に出て行ったはずだったのだが・・いつ戻ってきたのか?
もしかしたらずっと居たのか?
そんなにあのほこりだらけのリング下が居心地良いのだろうか?

リング下に居たまま夕方になり、岩井君が来たのでネコが居る事を告げると・・・
ほうきを持ちだし(笑)リング下を突っつく
シュタタタ・・・出てきた。
カメラの準備ができていなかったので入口をとっさに封鎖(笑)
ジム内を走り回りロッカーに飛び乗り積んであったパンフレットやワセリンを落とし大暴れ・・・ちょっとした騒動に。

081031.4.jpg

ランニングマシーンの後ろに潜んだので撮影。

081031.5.jpg

その後窓に追い詰めた。

リング下に居る時は何をやってもびくともせず悠然と構えていたので、おとなしいニャンコかと思ったら大暴れしやがった(笑)
その後またリング下に籠ってしまう。

その後岩井君と
081031.2.jpg
総君の呼びかけにも応じず・・・
081031.3.jpg

掃除機の音を聞かせればびっくりするかと思いやってみたがリング下の彼(彼女?)はビクリともしてくれなかった。
出てこないので諦め、
会長の机に
「ネコまたリング下に居ます」
と書き置きして帰ってきた。
posted by 昼間部 at 01:17| Comment(1) | TrackBack(0) | ジム・キック