2009年03月28日

ハンガー

 ベランダに干していた洗濯物のハンガーがまた盗まれた。
犯人は黒くて大きくてカァと鳴くあいつ。
といっても盗んだ現場は見ておらず、洗濯物と洗濯ばさみがベランダの床に落ちてハンガーが無くなっていた、しかも3つも。
やつらは巣を作るのに使っているらしい。
 前回自分が家に居る時にきたので、そーっと近づいたらレースのカーテン越しなのに中の動きを敏感に察知して逃げてしまった。
その日はそれ以降来なかったので、もう大丈夫と思い翌日に念のため大きめの洗濯ばさみでハンガーを物干し竿にロックして出かけたのだが、丁寧に洗濯ばさみと洗濯ものまでを外して持って行きやがった。
 ハンガー自体はクリーニングに出した時に付いてくる針金のハンガーなので盗られても痛くは無いのだが、洗濯物を床に落として行きやがるので汚れてしまいまた洗濯する羽目に。
洗濯ハサミのロックと洗濯物を外す程器用なら、せめて洗濯物は竿に掛けて持ち去ってほしいもんだ。
posted by 昼間部 at 12:06| Comment(2) | etc.

2009年03月24日

興行終わったその後で

 片付けを手伝い事務局へ行き荷物おろしジムに戻り荷物を下ろし解散。
T口コーチ、Y岡君/H山君(2名)/Y山君/M月君、
そして興行時にラウンドガールのサポートをした怪しいマスク男S君(笑)お疲れした。
 その後一緒にサポートしてくれたH山君と一緒にパイブーン先生の待つジム近くのタイ料理屋プリックへ。
パイブーン先生、H山君と自分の3人という異色のメンバーで飲んだ。
その席でパイブーン先生にムエタイの試合は何歳からやっていたのか聞いたところ、4歳で試合をはじめ(その時は3R)、7歳からは5Rで当然肘ありでギャンブルの対象となる試合をしたそうだ・・・そういう厳しい環境で勝ち抜いて来た選手がメジャースタジアムに集まり、またそこでも凌ぎを削って試合するのだからそりゃ化け物みたいな選手がごろごろいるはずである。
凄い世界である。
一緒に飲んだH山君、とても話好きで人懐っこい性格で初対面の人とでも仲良くなれる男である。
昼の練習時間に来た時など、高校生など若い子の面倒もよくみてくれる。
で、彼がプリックのタイ人店員さんとも意気投合。
彼が観光でタイに訪れた時の話で盛り上がっていた。
その中の話で、アユタヤの仏像の話で、首のない仏像のそばに、その仏像の首を巻きこんで生えている木の話を聞いた。
ビルマ軍がアユタヤに攻め込み、ビルマ軍に仏像の首を持ち去られるのを防ぐ為、仏像の首を切り地面に埋めて隠していたところ、その後地中から木が生え埋めてあった仏像の首を取りこんだ木が地面に現れ、木の幹の中にから仏像の顔が出ているという奇妙な木が生えているそうである。
シラフで聞いたら「へぇ〜」という感じだったろうが、酒の力もあり「ほぉ〜」と大いに感心した。
というか話しの内容合っているか?酔っていただけに心配。
他にもいろいろ盛りあがったが書ける話はこれくらいなので(笑)。気がつきゃ1時過ぎになってしまい解散。
別れ際にH山君、翌日月曜ジムに顔出すと言っていたが来ず。
さすがに休んでいるのかと思ったら、夕方自分がコーチあがる頃にジムに来た。
今まで寝ていたのかと思ったら、さっきまで飲んでいたそうだ(驚)・・・またこれから飲みに行くような事を言っていたが大丈夫なのだろうか・・・お大事に(笑)。
posted by 昼間部 at 00:48| Comment(0) | ジム・キック

2009年03月23日

3/22興行

 3/22はディファ有明でNJKF興行。
その日は朝から計量、プロテスト、アマチュアマッチとあり一日ディファにおりました。
この日は東京マラソンが開催され、ディファの目の前がコースとなっていた。昼前はランナーが走って通過していた記憶があるが、それ以降の時間はほとんどの人が歩いていた。

 プロ興行は16時から開始。
OGUNIからは涼太、幸二郎、KENの3選手が出場。
 涼太選手は残念ながら3RKO負け。
序盤伸びのある蹴りをヒットさせるも、2Rに至近距離でパンチをもらってしまいダウン。その後打ち合うも3Rに2回ダウンを奪われたところでタオルを投入。本人には辛い結果になってしまったが、この悔しさをバネに次は勝利ほしい。
 幸二郎選手は探り合いから飛び込み様右のパンチを当て、相手選手の腰が落ちダウンしそのまま立ち上がれずKO勝利。
またしても速攻KO勝利を収めた。
前回はカウンター、今回はクリーンヒット第一打とKOを狙って強引にパンチを振り回してKOという訳ではないので、次はどんな戦いを見せてくれるであろうか?相手に作戦を立ててこられたり、攻め込まれた時や試合が長引いた時の対応等・・ジム仲間として勝手に色々心配してしまうが、その辺は本人もわかっており、TEAMケモノ(笑)のメンバーのサポートでさらに精進をしてくれるはず。期待している。

 試合での大怪我の為1年振りの試合となるKEN選手。
OGUNIでの練習以外ではシルバーウルフでインストラクターをしており、生徒であろうお子さんたちも「KENせんせいがんばれ」と一生懸命声援をしてくれていた。
序盤からローキックで攻め、優勢に1R終了。2Rにパンチでダウンを奪われてしまうが、心配するほどダメージはなく落ち着いており持ちこたえる。その後もローを中心に攻め、パンチもヒットさせ、最終Rにあと一歩まで攻めるが相手選手も持ちこたえ終了。
結果はダウンが響きDRAWとなる。
勝利とはならなかったが、復活の手ごたえはあったと思う。
長いこと辛い結果が続き本人も苦しい時期が続いているが、本当にキックが好きで打ち込んでいるKEN君に是非次は勝利して欲しい。
一緒に朝からサポートしてくれた皆さんお疲れ様でした。
長い一日だったね・・・(笑)。 
posted by 昼間部 at 23:00| Comment(0) | ジム・キック

2009年03月21日

ある男の新たなるリング

 OGUNIにも所属していたイキボッキ主催であった飯塚君よりお便りが来た(Eメールだけど)。
注)イキボッキ=飯塚キックボクシング教室の略らしい(笑)

 彼はOGUNI所属前は他団体でも活躍し、OGUNI移籍後はライト級のランカーとしても活躍した。
長年の格闘技経験から裏打ちされたファイトスタイルや理論は、参考になったり教わった仲間や後輩も多かったはずだが、タフな試合も多く、その為長年患っていた怪我の状況が思わしくなくなり、残念ながら選手としては数年前に引退せざるをえなくなってしまった。

5.5.3-3.jpg飯塚選手

この写真からわかるとおり・・・
NJKFでも色々なコスチュームで入場する選手は過去に居たが、アニメのコスプレ、しかもガンダム限定で入場した男は自分が知る限り彼だけであろう(うーむ、時代は彼より5年ほど遅すぎた様である(笑))。
 彼のガンダム好きは仲間達には周知であり、自分もガンダムのDVDをもらい危うく引き込まれるところであった(笑)。
ここでも、以前ガンダム鑑賞し、毎話ごとに感想と質問を書いて添削と回答と駄目出ししてもらうという「ガンダム通信教育」制度をとっていたのだがあえなく落第(笑)
・・・たしか「ジャブローに散る」という話で停滞し、そのままフェードアウトしてしまった。
「ジャブとローに散るなんてキックボクサーとしては嫌ですね?」
なんて書いてスルーされてたっけ?(笑)
まあ、それはさておき、
ガンダムマニアの中で大抵の人はガンプラマニアでもあるそうだ。
当然彼もガンプラマニアである。
あ、いわずもがなだがガンプラとはガンダムのプラモデルである。
これに関しても熱狂的な人間がおり、自分がガキの頃など友達がわざわざ朝並んで買いに行った話しとか、デパートでガンプラ買おうと殺到した子供がエスカレーターで将棋倒しになり死亡・・・とかのニュースを覚えている。
なので、子供よりもその当時子供だった今の大人達が熱中している場合がほとんどの様だ。
・・・話もどそう・・・
で、彼は戦いの場をリングからプラモ製作へ移した(笑)
・・と以前から聞いていたのだが、
今回勝負に打って出る作品が↓
09-03-13_071.jpg
彼の渾身の作品


ギャンというモビルスーツなのだそうだ。
・・・自分なぞはこういう総称は未だにロボットという時代遅れの言葉でくくってしまい、モビルスーツという言葉は出てこないのだが(笑)
で、何が勝負なの?というと、とある模型カフェのコンテストに応募したそうである。
・・・はい、またよくわからないキーワードでてきましたね。
模型カフェ?・・・喫茶店に犬や猫が居て一緒に戯れられるワンニャンカフェみたいな感じで、喫茶店に模型があり、その模型達と戯れる事ができるカフェなのだろうか?
わからないのが出てきたらまず検索・・・
「模型カフェ」で検索してみた。
大体合っているが、それが鉄道であったり、ガンダムであったり、ジャンルも色々で、鉄道等の場合はジオラマが店内にあり、そこで模型を動かしたりできる・・・というものらしい。
ジオラマ・・知ったかぶりして使ったが、簡単に言うと「情景模型」らしい・・まあ、鉄道であれば作った町並みや風景の中で模型を走らせるということの様です。
中にはただ模型を鑑賞しながらお茶を飲むではなく、ブースを貸出しお茶しながらそこで模型を作る・・というコンセプトのところもあるみたい・・・色々あるもんだ。

で、彼が応募したところ・・・
http://mokeicafe.blog44.fc2.com/blog-entry-179.html
どうやらここのカフェで模型コンテストがあり、投票が行われ優勝者が決まるらしい・・・投票に協力してくれってことかな?
よしっ、そんなことで済むならOGUNI仲間としてはお安い御用である。
OGUNI仲間達で押しかけて組織票を稼いだろか!(笑)
で、場所は・・・中央区日本橋・・・あ、行ける行ける・・・
って大阪府中央区日本橋じゃん(笑)

その文中
「そんな中、今回のコンテストに遠く東京からエントリーしていただいた方がおられました。」
彼だ!(笑)

その次の文章
「ただ、すでに参加されていた方とネタがかぶってしまったのは辛いかも・・・(^^;」
・・・またしても彼はキック同様厳しいリングを選択してしまった様である。
posted by 昼間部 at 12:49| Comment(4) | ジム・キック

2009年03月20日

札幌興行 番外

  自分の記憶では北海道で本場ムエタイ選手が試合を行ったのは自分がキックを見始めてもう20年位になってしまったが初ではないだろうか?
今後も東京以外で興行が行われどんどん盛りあがってほしい。

 興行終了後打ち上げがあった。
セミで出場したモンコンデート選手のセコンドで来られた、元NJKFライト級1位の山本雅美さんや、タイ人コーチのダーキー氏、KRSジム会長さんで、元NJKFフライ級王者の佐々木攻輔さん達も今回の興行に来られており、色々話ができて楽しかった。
打ち上げ後ラーメンを食べに行った(ココ注意)。
高津さんとモンコンデート&ダーキー氏と自分というメンバー。
会話のほとんどがタイ語であったのでほとんどついていけなかった(笑)。

 翌日、東京に戻るのだが飛行機が21時・・・時間がかなり余るので回転寿司へ。
メンバーは高津さん、佐々木さん、山本さん、モンコンデート&ダーキー氏と自分の6名。
行きたい店はちょっと離れた郊外にあるので札幌駅からタクシーだったのだが、思った以上に時間が掛かってしまった、皆に申し訳ないと思ったが、喜んでもらえたので良かった。

その後佐々木さん一行と別れ高津さんと一旦札幌駅へ、
タクシー乗り込む前に「北海道→クマ→クマの剥製」話になり、
ふと北海道、剥製、TOMONORI選手であの話を思い出す・・・。
で、高津さんに「フクロウの燻製」話をしたらウケてもらえた。
うーむ、さすがOGUNI関係話で自分の中でベストに入る話しだけに鉄板である(笑)

その後駅経由でスーパー銭湯へ行き休憩と時間潰し。

風呂に入っている時、高津さんが
「ラーメンは食べた?俺はたくさん食べに行ったよ・・」
と話してきたので、
「いえ、自分は今回一回も食べてないんですよ」
ときっぱりと話す。
高津さんも「そうかぁ、食べてないんだ」
で、会話終了。
その後一寝入りし、何時間か経ってそろそろ駅に戻り空港へ向かうか・・・という事になった。
駅までのタクシーを待っている時、
ん?・・・あ、思い出した。俺、ラーメン食べてる、しかも昨日の夜、高津さんと・・。
で、高津さんに
「どうでもいい話なんですけど、俺やっぱラーメン食べてました(笑)、しかも一緒に」
すると高津さん
「そうだよなぁ、昨日一緒に食べたよなぁ(笑)」
・・・とまあ、試合サポート以外は終始こんな感じの道中でした(笑)。
posted by 昼間部 at 01:10| Comment(2) | ジム・キック

2009年03月18日

札幌興行

ノースエリア格闘技イベントBOUT-WにOGUNIからは
加藤大輔選手とTOMONORI選手が出場

プロフェッショナルファイトでの第1試合に加藤大輔選手登場
65kg契約 3分3R
加藤 大輔(OGUNI) VS 田中 俊輔(大道塾)
加藤選手は前回のノースレジェンドで、ハイパーキックリー選手とフルラウンド打ち合い殊勲の勝利を挙げ、札幌興行は2度目の登場。
対戦相手である田中選手は大道塾北斗期中量級優勝者で今回がキックデビュー戦。
田中選手は空手家らしいがっちりとした体格から多彩な蹴りで前に出てプレッシャーをかけてくる。
加藤選手はパンチを当てるのだが、パンチ後接近するとその後が続かず逆に至近距離から相手の顔面前蹴りやハイキックを受けるシーンも見られ終盤には顔面に膝蹴りも受けてしまう。
お互い最後まで打ち合うが、決定ダメージはお互い与える事は無かったものの、相手選手の有効打が支持され判定負けとなってしまった。
試合後の怪我も心配されたが大事には至らなかった様でひとまず安心した。
結果は残念だがこの経験を次にぜひとも活かして頑張ってほしい。

メインにTOMONORI選手登場
3分5R 53kg契約
TOMONORI(OGUNI)VS ペッチシーニル・ポータナボル 
DSC00586.JPG前日計量の写真

試合前からかなりの強豪と聞いていたペッチシーニル選手。
試合が始まるとTOMONORI選手はステップを使い周りながらパンチとローで攻撃、ペッチシーニル選手はベタ足ですっと立ちジワリと前に出てくる。
トップスピードは圧倒的にTOMONORI選手の方が早いのだが、相手選手はノーモーションからロー、ミドル、タイミングをずらした左ボディフックと攻撃を当てて来る。
そしていきなり間合いに入ってきての膝が強烈。
途中TOMONORI選手のキレのあるローがヒットするとニヤリと笑いローを返す。
1Rからお互い様子見ではなく、明らかに倒しに行く攻撃が交錯する緊張感のあるR終了。
TOMONORI選手の動きは悪くはなく、さあこれからという2Rにいきなり動く。
TOMONORI選手が回りながら左右のローを当て、右ローから左フックをクリーンヒットさせ会場を沸かせるが、ペッチシーニル選手は右パンチや左ボディフックを交え、そしてお互いの攻撃が交錯した時に強烈な膝を飛び込み様にヒットさせ、TOMONORI選手がロープからエプロンに吹き飛ばされる様にダウン。
首相撲から強烈な膝を繰り出す選手は良く見るが、フライ級で打ち合いの中で相手を吹き飛ばすほどの膝を出すペッチシーニル選手に驚かされた。
TOMONORI選手はリング下に落ちそうになったがすぐに立ち上がり試合続行、再度パンチと膝で下がらせ、パンチで応戦するTOMONORI選手にまたしても強烈な膝でTOMONORI選手の体が折れかけたところに「ガツン」と凄い音がして強烈な肘をヒット。
ダウンし立ち上がろうとする瞬間にリング上におびただしい血が滴り落ちる・・・。
右頬下部分がざっくりと引き裂かれておりレフェリーがドクターを呼ぶ。
TOMONORI選手は続行を主張したがさすがに傷が深すぎ無念のTKO負けとなってしまった。
2度目の凱旋試合は非常に残念な結果になってしまった。
前回のノースレジェンドでは韓国の実力者チェ・ジンスン選手を見事KOで倒し勝利を飾り強いTOMONORI選手を地元にアピールした。
今回は地元札幌に初となる本場ムエタイ選手を呼び、超強豪選手を相手に必死で戦う姿を見せてくれた。
サポート・応援している自分ももちろんこの結果は悔しいが、
札幌の方々にはTOMONORI選手はこんな凄い相手と命がけの戦いをして頑張っている・・・という事も伝わったのではと思いたい。
本人も再起を約束してくれたのでこれからも応援して行きたい。
posted by 昼間部 at 23:00| Comment(0) | ジム・キック

2009年03月17日

先ほど

 札幌より戻って参りました。
羽田に着いたのが23:30過ぎ、家に着いた頃には1時過ぎてしまっておりました。

試合詳細やその他はまた後日するつもりであります。

まとめの感想
TOMONORI選手は地元凱旋試合にもかかわらず、神の領域と言われても大げさではないフライ級現役ランカーとの厳しい戦いを敢えて選択。結果こそ残念であったが、挑戦する姿勢と当然悔しがるも、皆に感謝の言葉と前向きなコメントもしてくれた。
こういった彼の姿を見て我々は今後も喜んでサポートするし応援していきたいと思った。
試合以外でも色々な人に会え、そして話ができとても楽しかった。

選手そして興行に関わった皆様お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
posted by 昼間部 at 03:53| Comment(0) | ジム・キック

2009年03月15日

速報

ノースエリア格闘技イベントBOUT-W
加藤 大輔選手は0-2の判定負け。
TOMONORI選手は2Rに膝でダウンを奪われ、その後肘で右目下をカットされてしまい、本人は何とか続行希望したが、傷が深く無念のドクターストップになり2RTKO負けでした。
相手はラジャの5位の選手でした。
posted by 昼間部 at 20:30| Comment(0) | ジム・キック

2009年03月14日

TOMONORI選手とペッチシーニル選手

両選手とも52.6sでパスしました。
posted by 昼間部 at 22:36| Comment(0) | ジム・キック

今札幌にいます

20090314104154.jpg明日の会場Zepp札幌

今日は出場選手の計量です
posted by 昼間部 at 10:51| Comment(0) | ジム・キック

2009年03月10日

WBCとBOUTW

今日のWBC
といってもWorld Boxing Council(世界ボクシング評議会)
ではなくて野球の方・・・
結果は悔しいが決勝シリーズ進出して頑張ってほしい。
で、TVで応援していたところ、試合中に東京ドームグラウンド内に設置されたエキサイトシートに全身ピンクの女性が一瞬映る・・・その後3塁側のカメラからのアングルになると全身ピンク観客が気になって仕方がなくなってしまった。
「WBC 林家パー子」と検索したら・・・
同じこと考えている人がいた(笑)



まあそれはさておき、
13からTOMONORI選手のサポートに行って参ります。
本場タイ選手も出場となり、OGUNIからは高津さん、そして他ジム関係でもタイになじみの深い方々もZEPP札幌に集結予定。
外は雪のZEPP札幌がタイの雰囲気になるのだろうか
・・・非常に楽しみである。
posted by 昼間部 at 00:41| Comment(0) | etc.

2009年03月05日

3/15北海道興行

札幌興行の対戦表です
(TOMONORI BLG 「NO CROSS NO CROWN」より)

メインイベント
ムエタイルール3分5ラウンド53s契約(インターバル2分)

UKF世界バンタム級チャンピオン
WMCインターコンチネンタルスーパーフライ級チャンピオン
元NJKFフライ級チャンピオン
マッハGO!GO!軽量級最強トーナメント優勝
TOMONORI
vs
ペッチシーニル・ポータナボル(タイ)   

セミファイナル
キックボクシングルール3分5ラウンド60s契約(肘有り)

J-NETWORKスーパーフェザー級チャンピオン      
木 村 天 鮮
vs
モンコンデート・ソーペエートーン(タイ)
       
空手特別試合本戦2分延長2分再延長2分

白蓮会館 全日本空手道選手権2階級優勝 
世界空手道選手権 準優勝 
川 本  守    vs  当日発表  

空手特別演武           越智  勝(北心会) 

キックボクシングルール
3分3ラウンド67s契約(肘有り)
大韓ムエタイミドル級2位     
長谷川  永哲
vs
NJKFスーパーライト級5位
獅・センチャイジム 

キックボクシングルール3分3ラウンド60s契約  
RISING ROOKIES CUP 第3位 
永山  敬之
VS
三浦  勝人     

キックボクシングルール3分3ラウンド

2008年北斗旗全日本空道体力別選手権大会優勝 
田中  俊輔       
vs
加藤大輔(OGUNIGYM) 

               
入場式

アマチュアエキスパートクラス2分3ラウンド
第5試合           
水尻  健太郎    vs   由井  雄大 

アマチュアエキスパートクラス2分3ラウンド
第4試合         
蓮田  嘉紀   vs  能登  崇                
アマチュアエキスパートクラス2分3ラウンド
第3試合 
村田  俊  vs  松尾泰祐               

アマチュアエキスパートクラス2分3ラウンド
第2試合
中村  修    vs  西本  祐介                
アマチュアエキスパートクラス2分3ラウンド
第1試合           
国井  洋平  vs  佐藤  怜        

posted by 昼間部 at 11:19| Comment(0) | ジム・キック

2009年03月01日

3月予定

 もう3月になりました
 3月のOGUNI関連の予定
 3/15北海道札幌にてBOUTWが開催
メインでTOMONORI選手が、OGUNIからは加藤選手も出場。また他にも北海道出身で活躍中の選手も出場予定。

TOMONORIクラスですがTOP予定にもある通り6、9、13、16はTOMONORI選手が北海道で試合の為代理コーチが努めます。かくいう私も13、16の昼はお休みさせていただきますので代理コーチが務めます。

 3/22はディファ有明でNJKF興行
KEN・幸二郎・涼太の3選手出場
復活を賭けるKEN選手に期待
また同日午前からはプロテスト・練習試合が開催
NJKF興行は通常後楽園ホールですが、今回のみディファ有明で行われますので、観戦予定の方はご注意ください。
posted by 昼間部 at 21:39| Comment(0) | ジム・キック